忍者ブログ
研究室の活動の報告とFollow upのためのブログ。
[87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

志村です。

今回はサウスカロライナ州にあるクレムソン大学での、学生たちを中心とした活動について報告します。

クレムソン大学は、サウスカロライナ西部の小さな町にある学部生が中心の小さな大学(学生数約17,000人)です。
しかし、ここのハビタット・フォー・ヒューマニティー(Habitat for Humanity)の活動は、全米で最も評価が高いものの一つです。ハビタット・フォー・ヒューマニティーとは、人間的な暮らしを重んじる活動で、世界的に活動が広がっています。



このクレムソン大学では、貧しい家族のための住宅を毎年1件ずつ、学生と職員有志が建設しています。大体2週間ぐらいかけて、大学の広場をつかって、土台部分から上を建設し、完成後大きなトラックで運んでいきます。



建物は米国ですから、ツーバイフォーです。だから学生たちや職員といった素人でも建設しやすいわけですね。

現地に行って驚いたのは、本当に学生たちが中心となって活動していることです。リーダーのJessicaも、マネジメントを担当しているAngelaも3年生でした。しかも建築学科とは関係ありません。

学生たちのバイタリティーはすごいものです。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Always M1
年齢:
15
HP:
性別:
男性
誕生日:
2002/04/01
職業:
プロフェッショナルの卵
趣味:
まちづくり、都市計画
自己紹介:
志村研究室の活動報告や、OB・OGへの情報発信のためのブログ。
バーコード
ブログ内検索
カウンター