忍者ブログ
研究室の活動の報告とFollow upのためのブログ。
[84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

志村です。

皆様、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さてこの新年は、米国留学中ということで年賀状をでの新年のご挨拶ができませんでした。そこでChristmas Card と New Year Card を兼ねたものをつくりました。多くの方々にはお送りできませんでしたので、ここでそれを掲載して、ご挨拶をいたしますと共に、そのデザインに使用したスケッチについて説明します。



すでにこのブログでも、わたくしのスケッチについて何度か触れました。こちら米国では、やはり日本にいる時よりも時間にゆとりがある、こちらの友人にスケッチをせかされるなどの理由により、米国に来てからすでに40枚以上のスケッチを描いています。

当然、バークレーでも多くのスケッチを描きました。それらをレイアウトしてこのカードを作りました。

まず左上と上真中は、バークレーで借りて住んでいる家です。正面と庭からそれぞれ描いたものです。
右上と右は、UCバークレーのメインライブラリーですね。これは以前もブログに掲載しました。
真中はセザーゲートです。UCバークレーの正門です。
左は、カンパネッリ(セザータワー)です。やはりUCバークレーのもので、この鐘の音はたまりませんね。
左下は、建築学科が入っているウースターホールの中庭です。ウースターホールはコンクリート打ちっぱなしの近代建築で、私が好きなのはこの中庭です。
下は、バークレーマリーナです。ここはいつも風が強いです。
右下は、ツインピークスから見たサンフランシスコです。軸線であるマーケットストリートが、真っ直ぐこのツインピークスに当たっていることがよくわかります。

他にも、バークレーの町を描いたスケッチが数枚あります。バークレーはスケッチをしても楽しい町ですね。

米国では、スケッチを多く描いている訳ですが、描いている時にまともに声をかけられたことは今のところ一度しかありません。水彩で色つけしている時に言われたのですが、「私の筆は料理の時しか使われないわ!」とのことでした。アメリカ人らしいなあと率直に感じました。スケッチを描いている時の通行人の反応は、お国柄がでると思います。

スケッチについては、また機会がありましたらまたご紹介します。


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Always M1
年齢:
15
HP:
性別:
男性
誕生日:
2002/04/01
職業:
プロフェッショナルの卵
趣味:
まちづくり、都市計画
自己紹介:
志村研究室の活動報告や、OB・OGへの情報発信のためのブログ。
バーコード
ブログ内検索
カウンター