忍者ブログ
研究室の活動の報告とFollow upのためのブログ。
[79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

志村です。

今回からしばらく、調査で訪問した大学のまちづくりセンターや建築学科(学部)について書きたいと思います。

UCバークレーに来てから、「米国におけるコミュニティと大学との連携手法」について研究をしています。これは、日本のまちづくりの地力を高めるための一つのアプローチとして、大学はもっと地域の中で活躍できるという仮説に基づいています。米国では、多くの連携活動が存在します。それをケーススタディして、日本での連携の可能性を高めることを狙っています。

春頃は、主にUCバークレーを事例として調査をしていました。これについては、都市計画学会発行「都市計画 海外特派員便り」(5月号か6月号)で報告しましたので一読いただけますと幸いです。

夏からは、全米の大学を対象として調査をしています。その中から、興味深かったところをいくつか報告していきたいと思います。

まずミネソタ州のUniversity of Minnesota(ミネソタ大学)です。ここはCollege of Design(デザイン学部)がMetropolitan Design Centerを設立しています。ここの現在のディレクターはIgnacioで、彼はUCバークレー出身ということで、親切にいろいろと案内してくれました。



はじめの写真は、センターの入口です。カレッジ1階にあります。多くの研究プロジェクトと教育プログラムをもっており、かなり広い作業スペースや打ち合わせスペースがあります。





2枚目の写真からは、このカレッジ(デザイン学部、建築学科とランドスケープ学科)についてです。
この建物はかなり古い歴史的な建物なのですが、改修して中庭をアトリウムにしています。そこが学生たちが自由に使える場所になっており、展示や大きな講演会にも使われます。このアトリウムまわりの廊下が、設計演習の講評(ピンナップ)の場になっています。どんな演習がどのように行われているか、全部見えてしまいます!





4枚目、5枚目の写真は、コンピュータ室と模型製作室です。大型プリンターなどかなりの設備が整っています。模型は木工がしっかりできるようになっていて、さらにレーザーカッターも2台あります。インストラクターがいるのですが、学生はこれらの機械を自分たちで操作して模型を製作できます。また模型材料は、専属の業者が居て、自分でお店に買いに行かなくても、ここで注文して取り寄せることができます。

このミネソタ大学のデザイン学部は、全米で最も設備が充実した大学の一つです。この教育環境は本当にすばらしいですね。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Always M1
年齢:
15
HP:
性別:
男性
誕生日:
2002/04/01
職業:
プロフェッショナルの卵
趣味:
まちづくり、都市計画
自己紹介:
志村研究室の活動報告や、OB・OGへの情報発信のためのブログ。
バーコード
ブログ内検索
カウンター