忍者ブログ
研究室の活動の報告とFollow upのためのブログ。
[41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


志村です。
今回はUrban Design StudioのMaster Course最終作成課題についてです。今年度は、このコースの学生は5人と少なめで、また全てがインターナショナルコースの学生です。インターナショナルコースというのは、海外からの学生を対象に、特別に1年間で修了できるものです。大体、すでに仕事をしていて、キャリアを高めるために1年間仕事を中断して来ている人が多いようです。授業料も非常に高い(年間240万円ぐらい)なので、このコースで入ってくる人は少なくありません。その代わりかなりハードで、前回の「バークレー便り」で書いたサンフランシスコの地下鉄計画にともなう課題と並行して、この最終作成課題が進められています。またこの5月で普通の学生は終了となるのですが、このコースの学生は8月まで課題に取り組みます。
課題対象地は、学生が自由に選べます。大体ホームカントリーを選ぶ学生が多く、今回もムンバイ(インド)、南アフリカなどと大変国際的でした。
写真は5月8日に行われた中間Reviewの様子です。すでに仕事をしている人が多いということで、とにかく学生たちは手描きも達者です。図面表現能力が高いと言えるでしょう。多くの図面を壁に貼って、検討内容を10分ほどで説明していきます。
教員は、担当のピーターをはじめ、プランニングやランドスケープ、外部のプロフェッショナルと、大体8人ほどの先生がそろいました。日本からは、明治大学の小林正美先生も参加されました。これら先生からの指摘を受けて、学生たちは8月の最終Reviewまで作業をしていくわけです。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Always M1
年齢:
15
HP:
性別:
男性
誕生日:
2002/04/01
職業:
プロフェッショナルの卵
趣味:
まちづくり、都市計画
自己紹介:
志村研究室の活動報告や、OB・OGへの情報発信のためのブログ。
バーコード
ブログ内検索
カウンター